ここから本文です

【映像】燃えるシャンゼリゼ大通り 燃料税引き上げに抗議のデモ

11/26(月) 16:17配信

AP通信

パリ、フランス、11月26日(AP)― エマニュエル・マクロン仏政権による燃料税引き上げに反対するドライバーを中心に、数千人に膨れ上がった抗議デモは11月24日、一部が暴徒化しパリ中心部で治安部隊と衝突した。
 シャンゼリゼ大通りでは、黄色いベストを着たおよそ5000人のデモ隊の一部が、工事現場の資材などを路上に積み上げて火を放つなど暴徒化。これに対して、警察は3000人の治安部隊を市内の要所に配置、放水車を出動させるなどして鎮圧に当たった。
 この日1日だけでパリ市内で18人、フランス全土で130人が拘束された。
 燃料税引き上げに反対する声は11月に入り急速に高まり、17日の大衆デモに続いて2度めとなったこの日のデモでは、マクロン大統領の経済政策に不満を持つパリ市民などが抗議の黄色いベストを着て参加した。

(日本語翻訳 アフロ)

最終更新:11/26(月) 16:17
AP通信

あなたにおすすめの記事