ここから本文です

定年後に陥りやすい「居場所がない問題」そんなシニア男性の現実的な解決策は?

2018/11/26(月) 18:30配信

ファイナンシャルフィールド

定年を迎えた元サラリーマンにお話を聞くと、「居場所がないのがつらいのが一番」といいます。

これまでは「会社」に居場所がありました。しかし、家庭には居場所がないのです。

朝会社へ出かけ、夜家に帰ってきた旦那が朝から一日家にいる……。

奥さんの視線に耐えきれず、図書館などに避難する人も少なくないそうですが、そんな生活はつらそうです。

定年後は、自分の“居心地のいい居場所”を確保するのが切実な問題なのですね。

ストレスが高い男性は“居心地のいい居場所”が少ない?

株式会社メディプラス研究所の調査(※)によると、やはり『高いストレスを感じている人は“居心地のいい居場所”が少ない傾向』が出ているようです(分析データは厚生労働省の「ストレスチェック制度の健康状態項目」を基に独自加工して、点数化)。

しかも、定年60歳を境に、顕著な違いが出てくるようです。

ちなみに“居心地のいい居場所”とは人それぞれ。

同調査では「大切な家族」「自宅・自室」といった家庭内であったり、女性では「何でも話せる長年の友人」、男性では「自然」「やりがいのある仕事」だとしています。

つまり、男性は仕事つまり会社の場がそうであることが読み取れます。

■“居心地のいい居場所”の有無
・20~59歳男性
ストレスレベルが高い 居場所数 0.7
ストレスレベルが低い 居場所数 1.6

・60~69歳男性
ストレスレベルが高い 居場所数 0.4
ストレスレベルが低い 居場所数 1.7

・20~59歳女性
ストレスレベルが高い 居場所数 1.3
ストレスレベルが低い 居場所数 3.0

・60~69歳女性
ストレスレベルが高い 居場所数 0.7
ストレスレベルが低い 居場所数 2.6

こうしてみると、男性の“居心地のいい居場所”の数が女性に比べて少ないことがわかります。

とくに、60~69歳男性、つまり一般的に定年後とされる年齢では“居心地のいい居場所”の数がますます減り、ストレスレベルが高い人の居場所数は0.4カ所しかありません。

60~69歳男性でもストレスレベルが低い人の場合、居場所数は1.7カ所あります。

女性でも、60~69歳の高ストレスレベルの女性は居場所数が0.7カ所と1カ所を切っています。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事