ここから本文です

【BBJプロレス】元ボクシング&SB王者の鈴木悟が肉体改造で20kg増量、プロレス2戦目へ意気込み

2018/11/27(火) 20:22配信

イーファイト

 12月26日(水)に東京・新宿FACEにて開催される『ベストボディ・ジャパンプロレス第3戦』で、元プロボクシング日本ミドル級王者で、元シュートボクシング日本スーパーウェルター級王者の鈴木悟(42)がプロレス第2戦目を迎える。

【フォト】-69.85kg級で出ていたシュートボクシング時代の鈴木悟=2011年4月

 試合までちょうど一ヶ月に迫った11月26日(月)、都内で記者会見が行われた。

 鈴木は10月31日に他団体でプロレスのデビュー戦を行ったが「僕としては(動きが)固くていい出来ではなく、プロレスの洗礼をものすごく浴びた試合になってしまった」という鈴木、逆にそれがあったおかげでプロレスの試合というものが分かり「これ以降の私の試合は面白いものが作れるなと手応えを感じた」という。

 スリムな筋肉美コンテストの『ベストボディジャパン』にも出場していた鈴木は、DDTプロレスの協力のもと立ち上がった新団体『ベストボディジャパンプロレス』(以下 BBJプロレス)の8月の旗揚げ戦に興味があり会場で観戦。10月大会ではリングに上がり出場を志願した。BBJプロレスの谷口代表はデビュー戦を見てからの判断としたが「あの試合内容で果たして谷口代表に出して頂けるかと思ったんですが、オファーを頂きました」と今回の出場経緯を語った。

 プロレスに転向する前から、ボクシングやKー1、シュートボクシング時代も入場パフォーマンスの演出にもこだわっていた鈴木は、「ずっとお客さんに喜んでもらえるエンタメ性のあることをしたかった。すごくそれができる場に来たと思っています」とコメント。

■鈴木の体重が増加した意外な理由

 更に鈴木は技だけでなく、プロレスラーらしい身体を目指し9月から肉体改造、80kgの体重が約2ヶ月で10kg体重増加の90kgに成功した。もちろんお腹は出ていない。
  2013年10月まで活動したプロ格闘家時代は70kg前後で出ていたので、プロ格闘家時代よりプラス20kg増量しプロレスのリングに立つ。

 増加したコツはウエイトトレーニングと運動などの消費カロリーを上回る食事、プロテインなどはもちろんだが、それに加え「プロレスの練習が体重を増やした」という意外な答えが返って来た。

 その練習の代表的なのはプロレスの後ろ受け身。柔道のようにお尻から転がる後ろ受け身ではなく、バックドロップをされたことも想定した背中の上部、僧帽筋あたりからマットに落ちる「バンプ」と呼ばれる受け身だ。これをしっかりやらないと大怪我に繋がるため、プロレスに入門すると、とにかくこれをマスターしないと試合には出させてもらえないほどの基本技だ。この練習をすると肩周辺の筋肉が盛り上がってくる。「この辺り、かなり筋肉が付きました。だからプロレスラーは同じような体型になるのでは」と自身の首や肩の周りに手を置いた。

 目標は183cmの身長から体重は110kgと、更に20kg増量を目指す。目指すレスラー像でもあるWWEのザ・ロックことドウェイン・ジョンソンの193cm、120kgのボディバランスに近付きたいと語った。

 今回の鈴木の対戦相手は筋肉トレーナーが本業で8月のBBJプロレスでデビューし今回が2戦目の澤木一貴。
 沢木は「場外乱闘でやっつけてから首固めで仕留める」と鈴木がデビュー戦で場外乱闘でプロレスの洗礼を浴び苦しんだことから、澤木も場外乱闘を仕掛け、そして勝利すると宣言した。

■BBJプロレス谷口代表が8年ぶりにリングに復帰、なべやかんとダッグ!

 また、この大会のメインのタッグマッチでは元DDTのレスラーで8年ぶりのリング復帰を果たすBBJ会長の谷口智一(40)と芸人でBBJプロレスに参戦を続ける、なべやかん(48)がタッグを組む。相手はDDTプロレスの高尾蒼馬と遠藤哲哉。


 谷口会長は「8年ぶりになりますが、ずっと体は鍛えてましたので、今年40歳になりましたが、肉体年齢はまだまだ30歳だと思っています。パワーの方は現役時代はベンチプレス150kg、今は190kgは軽く上がるし、調子が良ければ200kgは挙がります。レスラーを持ち上げたり投げるパワーは以前の1.5倍になってます」と自信。

 タッグを組む、なべやかんは身長154cmと小柄だが、なべは身体の大きな相手に対して「僕より小柄なレスラーはミゼットプロレスしかいないので、相手は全て自分より大きな相手。いろいろシミュレーション中ですが、谷口さんに暴れてもらって掻き乱してもらっ て最後に僕が決めに行こうと思います」と谷口の活躍に期待し、美味しいとこ取りを狙う。

 更にダブルメインとして用意されたのはHカップグラドルで現在女子プロレスラーとしても本格的に活動する白川未奈(30)が当日が誕生日でのバースデーマッチ。相手は他団体のエースの予定で現在交渉中だ。

 その他アンダーカードの注目選手としては、柔道3段の腕前でベストボディジャパン2年連続5位の美女レスラー田村依里子が3度目の参戦に「柔道の技プラス、プロレスの打撃で」と2戦目は黒星なだけに打撃を研究し勝利を目指す。
 また、ベストボディジャパンで50代のゴールドクラスでグランプリに輝き、三浦傑(まさる=57)が旗揚げ戦に続き2度目の参戦。「57歳でプロレスデビューは三浦さんが最高齢記録」と谷口代表。三浦は空手、柔道を経て現在は柔術の大会に参戦、「57歳ではできないだろうと言う動きを皆さんに見せたい」と三浦は意気込みを語った。

◼️大会情報
BBJ MUSCLE RING 2018
~ ベストボディ・ジャパンプロレス第3戦 ~
BEST BODY JAPAN会長 谷口智一復帰戦!!
日時:2018.12.26(水) 19:00~21:00
場所:東京・新宿FACE

最終更新:2018/11/27(火) 21:02
イーファイト

あなたにおすすめの記事