ここから本文です

北朝鮮シングルマザーに本音を聞く(3) 「金正恩氏? 三代世襲なんかやめて選挙やってほしい」 「核は絶対に捨てないだろう」

11/28(水) 13:08配信 有料

アジアプレス・ネットワーク

北朝鮮シングルマザーに本音を聞く(3) 「金正恩氏? 三代世襲なんかやめて選挙やってほしい」 「核は絶対に捨てないだろう」

(参考写真)公設市場で商売にいそしむ女性たち。幅約80センチの売り場の経営者だ。自力で暮らしているという自負が強い。2013年8月恵山市場にて撮影アジアプレス

外交の表舞台に一切顔を出さなかった金正恩氏が、立て続けに中国、韓国、米国の指導者と首脳会談に臨み「国際デビュー」を果たした。国営メディアでは常に「偉大な領導者」と称えるが、世界ではまだ「三代目のボンボン」「粛清続ける残忍な独裁者」というイメージが強く残る。それでは、北朝鮮庶民はどう考えているのか? 7年近い金正恩時代の評価についてまとめた。(石丸次郎/カン・ジウォン)

◆金正恩氏の評価は?
――金正恩将時代がもう6年を過ぎました。あなたはどう評価しますか?
金 良くなったものは何も無いです。

――無い、ですか?
金 はい。庶民たちに何をしてくれましたか? いつも言葉ばかり。何か変わったことがありますか? 幹部を粛清したり、「方針」出したり…同じことの繰り返しです。経済強国にするなんて言いますが、誰が、どうやってするというのでしょう。毎日人民班で世帯の負担が大きくなります。配給があるわけではないし、何かを(人民のために)すべきなのに、何もありません。

※注 人民班は末端の行政組織で戦前の日本の「隣組」に類似。人民班を通じ住民に物資やコメや現金の供出が度々命じられるため不満が強い。北朝鮮で「方針」とは、ただ一人の指導者が下す正式の指令のことで、あらゆる組織、幹部がその絶対貫徹を求められる。

――あなたの商売がうまく行って、収入が多くなったのは金正恩氏のおかげだとは思いませんか?
金 それがなぜあの人のおかげですか? 何もしてくれないから、私たちは自力で生きているのです。金正恩とはまったく関係ないです。

――教育部門はどうでしょうか? 最近は孤児のために「中等学院」などを作って入れて、以前よりコチェビ(ホームレス)が減ったと聞きましたが?
金 コチェビたちは、入れてもすぐ飛び出して行きます。たくさん食べてすくすく育つべき年頃の子どもたちなのに、一日にトウモロコシご飯を少し与えるだけだから、お腹が空いて逃げ出して、市場で物乞いしていますよ。

――そんな子供たちが多いですか?
金 多いですよ。

――完全に閉じ込めて逃げないようにすると聞きましたが。
金 それでも逃げます。子どもたちは、皆逃げようとします。

――以前のように放置するよりも、孤児施設を作って管理する方が良くないですか?
金 どうでしょう。コチェビたちを軍隊にでも送って、ちゃんと面倒を見たらいいけど。

――そこで成長すると、軍隊に送るのでしょうか?
金 はい。軍隊に行く子もいるし、「突撃隊」に行く子供もいます。
注 「突撃隊」は青年団体などに組織する建設作業専任の部隊。3年程度の奉仕労働で労働党入党のチャンスが与えられる。 本文:2,545文字 写真:1枚

続きをお読みいただくには、記事の購入が必要です。

すでに購入済みの方はログインしてください。

  • 税込108
    使えます

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上ご購入ください。 購入後に記事が表示されない場合はページを再度読み込んでください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。