ここから本文です

JAC、機長飲酒で遅延 4便に影響

11/28(水) 13:06配信

Aviation Wire

 日本エアコミューター(JAC/JC)の鹿児島発屋久島行きJC3741便(ボンバルディアQ400型機、登録番号JA851C)が11月28日、飲酒による機長交代の影響で1時間遅れて出発した。乗務予定だった機長が、アルコール検査で制限値をオーバーしたため。当該機を使用予定だった国内線3便にも遅延が生じ、合わせて4便に影響が出る可能性がある。

 JACによると、機長が鹿児島空港内のオフィスへ出社時に実施したアルコール検査で、制限値の0.1mg/lに対し、これを超える0.2mg/lが検出されたという。このため、機長の交代が発生し、鹿児島を午前8時50分に出発予定だったJC3741便は、乗客16人と乗員4人(機長1人、副操縦士1人、客室乗務員2人)を乗せ、1時間遅れの午前9時50分に出発した。屋久島到着は、1時間3分遅れの午前10時28分だった。

 パイロットの飲酒トラブルが、このところ相次いでおり、監督する国土交通省航空局(JCAB)では27日から航空会社への立ち入り検査を始めたばかり。JACは日本航空(JAL/JL、9201)の鹿児島を拠点とするグループ会社で、JALには27日から29日まで、ANAホールディングス(ANAHD、9202)傘下のANAとANAウイングス(AKX/EH)の2社には28日から30日まで、それぞれ立ち入り検査を実施している中で起きた。

 ANAのトラブルは、10月25日に発生。ANAウイングスの機長(当時)は、乗務前日に同僚のANAパイロットと2人で飲食し、25日朝に体調不良を訴えて交代し、乗務予定だった国内線5便にそれぞれ1時間弱ずつ遅延させた。当該機長はその後、11月6日付で諭旨退職処分を受けている。

 JALでは、英国時間10月28日(日本時間29日)に発生。ロンドンを28日午後7時発の羽田行きJL44便に乗務予定だった副操縦士から、英国の規定値を大きく超えるアルコール量が検出されて身柄を拘束された。英国の裁判所による判決は、日本時間30日に言い渡される見通し。

 JALによると、パイロットが乗務前に行う呼気検査時に、不正が困難な新型アルコール検知器を導入した2017年8月以降、グループ全体の感知件数は25件。感知事例があったのはグループ6社のうち、JALとジェイエア(JAR/XM)、JACの3社で、JALが19件でもっとも多く、ジェイエアが4件、JACが2件と続いた。遅延が生じたのは16件で、内訳はJALが12件、ジェイエアが3件、JACが1件だった。

Tadayuki YOSHIKAWA

最終更新:11/28(水) 13:06
Aviation Wire

あなたにおすすめの記事