ここから本文です

選対本部長、アサンジ氏と密会か

2018/11/28(水) 6:26配信

共同通信

 【ワシントン共同】2016年米大統領選にロシアが介入した疑惑で、英紙ガーディアン電子版は27日、トランプ大統領の陣営の選対本部長だったマナフォート被告が16年春、ロンドンのエクアドル大使館に籠城中の内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者アサンジ氏と密会していたと報じた。

 ウィキリークスはロシアがサイバー攻撃で民主党のクリントン陣営から不正入手したとされるメールを16年7月に暴露しており、疑惑を捜査するモラー特別検察官は密会に重大な関心を寄せているとみられる。

最終更新:2018/11/28(水) 8:43
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事