ここから本文です

西武が巨人戦力外の廖任磊を獲得!トライアウトで152キロ渡辺SD「強い球が魅力」

11/28(水) 17:47配信

デイリースポーツ

 西武は28日、巨人を戦力外になった台湾出身の廖任磊投手(25)=リャオ・レンレイ=を獲得したと発表した。

【写真】廖任磊 自動販売機より大きい2メートル1センチ!の証拠写真

 廖任磊は13日に行われた12球団合同トライアウトに参加。最速152キロの剛速球を投げ込み、打者3人から2三振を奪った。登板後は「練習でやってきたことを結果で出せた」と語り、NPB球団からのオファーを最優先に待つ考えを示していた。

 渡辺久信球団本部シニアディレクター兼編成部長は「強い球が投げられることが一番の魅力です。外国人枠ではなく、また、当球団には台湾出身のコーチ、選手がいて環境面でもすぐにチームにとけ込めると思います。来シーズン、プレーするチームがライオンズに変わることになるので、これを機に、一回りも二回りも大きく変わってもらいたいです。中継ぎで起用することになると思います」とコメントした。

 巨人には16年ドラフト7位で入団。2メートル1、125キロの大型右腕として注目されたが、2年間で1軍登板はなかった。今季は2軍で17試合に登板し2勝0敗、防御率2・79。シーズン後に戦力外を通告された。

 西武は今季、10年ぶりのリーグ優勝を果たしたが、チーム防御率はリーグワーストの4・24。投手力強化へ、ポテンシャルを秘めた25歳右腕の獲得を決めた。

最終更新:11/28(水) 17:54
デイリースポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ