ここから本文です

オリックスの金子が自由契約に

2018/11/28(水) 18:40配信

共同通信

 オリックスから年俸の大幅な減額提示を受けていた金子千尋投手が自由契約になることが28日、分かった。長村裕之球団本部長が同日朝に金子側から電話で申し入れがあったことを明らかにした。球団側はいったん自由契約選手として公示した上での再契約も認める方針だが、楽天などが興味を示すとみられる。

 4年契約最終年の今季年俸が6億円の金子は登板17試合で4勝7敗で、来季の条件として野球協約の減額制限(1億円超は40%)を大幅に超える5億円のダウン提示を受けたとみられる。長村球団本部長は「今後のことは何とも。今までも交渉はしてきたけど」と険しい表情だった。(金額は推定)

最終更新:2018/11/28(水) 19:04
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事