ここから本文です

オリ金子が自由契約へ、巨人戦力外の右腕は…各球団発表、28日の去就は?

2018/11/28(水) 23:05配信

Full-Count

西武は巨人戦力外の廖任磊を獲得

 オリックスの長村裕之球団本部長は28日、球団から大減俸を提示されている金子千尋投手から正式に自由契約の申し入れがあったことを明かした。今季で4年契約を終えた金子は、野球協約が定める減額制限(1億円超は40%)を超える約5億円減の推定年俸1億円の提示を受けたとみられ、球団と数回交渉を行っていた。

【最新版】各球団発表、2018-2019年の引退、戦力外、自由契約一覧

 長村球団本部長は、この日の朝に金子本人から自由契約の申し入れを受けたことを明かした。球団は自由契約になっても再契約の意思があることを金子本人に伝えている。

 また、オリックスの応援キャラクターを務める「バファローズポンタ」は緊急記者会見を行い、残留を表明。これまで公式ツイッターアカウントで「FA宣言」とツイートするなど、移籍を匂わせていた。会見に同席した西村監督からは背番号「∞」、来シーズンのベンチ入りを確約された。

 10年ぶりにパ・リーグ制覇を果たした西武は、巨人を戦力外となった廖任磊(りゃおれんれい)投手を獲得したと発表。2017年に巨人に加入した201センチの大型右腕は、2年間で1軍での登板はなく、今季限りで戦力外に。12球団合同トライアウトに参加していた。

■パ・リーグ

【西武】
廖任磊投手 獲得

【オリックス】
金子千尋投手 自由契約申し入れ
バファローズポンタ 残留宣言

Full-Count編集部

最終更新:2018/11/28(水) 23:12
Full-Count

こんな記事も読まれています

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合4/26(金) 11:45

あなたにおすすめの記事