ここから本文です

パッとしない本田真凜を、なぜ大企業とメディアは“ヨイショ”するのか

2018/11/29(木) 11:51配信

ITmedia ビジネスオンライン

 このまま「かわいいフィギュア選手」で終わってしまうのか。女子フィギュアスケートの本田真凜が悪戦苦闘中だ。

本田真凜、リヨンのノートルダム大聖堂で撮影された写真を公開

 グランプリ(GP)シリーズ第6戦フランス杯に出場し、ショートプログラム(SP)で4位につけたものの、フリーではミスが目立ち順位を落として結局6位止まり。GPファイナル(12月6日開幕、カナダ・バンクーバー)の出場も獲得ポイントがまったく足りず、当然ながらかなわなかった。

 目標としていた平昌五輪出場を逃し、心機一転を図っていたシニア2年目もパッとしない。シーズン初戦のネーベルホルン杯で6位、GPシリーズ第1戦のスケートアメリカでも8位とかなり苦しんでいる。

 それでも各メディアの“真凜推し”は相変わらずだ。つい先日も、彼女のInstagramが更新されただけでニュースになった。結果を残せなかったGPシリーズ第6戦フランス杯でのオフショットとして、リヨンのノートルダム大聖堂で撮影された写真を公開。今シーズンから師事している有名コーチのラファエル・アルトゥニアン氏とリンク上でハイタッチしている1枚も掲載され、これらについて各メディアが詳報した。

 その一挙一動が格好のネタとして追われる姿はアイドル並みの扱いだ。本業のリンクでは低空飛行が続いているのにもかかわらず、スポットライトを浴びせ続けているのだから違和感を覚えざるを得ない。

 ここまで出場した今シーズン、主要な3大会で惨敗した後も本田に関するニュースには「再出発」「リスタート」などといったお決まりの“ヨイショフレーズ”が大概添えられていた。たとえ結果がダメでも目をつぶって再三再四にわたり、これでもかと持ち上げようとする。各メディアが本田に一貫して厳しい指摘を向けず、未来のスター候補として太鼓持ちのような記事を書き続ける背景には、彼女を支える強力なバックアップ体制があるからに他ならない。

仕立て上げられた「スター」

 本田はシニア2年目の今シーズンから取り巻く環境が大きく変わった。本格的なシーズンへ突入する前の4月には、幼少期から指導を受けていた濱田美栄コーチのもとを離れ、米国に拠点を移してすべてを一新。そして7月に入ってからは日本航空アイススケート部と所属契約を結び、さらには数多くの世界的な有名アスリートを抱える「IMG」とも新たにマネジメント契約を締結した。

 この点を踏まえた上で、事情通は次のように本田報道に関する内情を打ち明けた。

 「JAL所属となると、やはり広告関係のしがらみがあって主要メディアは、なかなかバッシングできない。それにも増して大きい存在はIMGだ。この会社は、自分の所属選手に不利益が生じることには容赦しない。それこそ本田にとってマイナスの記事を掲載した社には、“出禁”を通達することもありうる。

 そうなったら一般メディアはまだしも、スポーツメディアからすれば打撃を受けることは必至。だから各スポーツメディアは本田批判に及び腰になり、ご機嫌をうかがうような“ヨイショ記事”を掲載する。そういう流れが業界内にはあるのも事実だ」

 ただし、これに補足すれば、各メディアの“本田推し”は今に始まったことではない。ジュニア時代から彼女は期待の超新星として、スポットライトを浴びせられていた。兄の太一、そしてオスカープロモーションに所属する妹の望結と紗来もスケート選手で、とりわけ各メディアから引っ張りダコとなる材料が豊富にそろっていた。当時は浅田真央に次ぐ新たなヒロインの誕生を求める日本女子フィギュア界のムードにも後押しされ、周りが半ば無理矢理に本田真凜をスターに仕立て上げようと先を急いでいたこともある。

1/3ページ

あなたにおすすめの記事