ここから本文です

民家に押し入り強盗 ブラジル人6人を逮捕 浜松

11/29(木) 16:45配信

産経新聞

 昨年11月、浜松市南区の民家に押し入って夫婦を縛りけがを負わせた上で現金を奪ったとして、静岡県警浜松東署などは29日までに強盗致傷と住居侵入の疑いでブラジル人の男6人を逮捕した。

 逮捕されたのは同市中区幸の工員、バズ・ササキ・テロミ容疑者(43)ら、同市や愛知県豊橋市周辺に住む10代~40代のブラジル国籍の男6人。逮捕容疑は平成29年11月24日、同市南区三新町の民家に押し入り、居合わせた夫婦の両手足を縛って現金約30万円を奪い、夫婦の顔や手足に重軽傷を負わせたとしている。

最終更新:11/29(木) 16:45
産経新聞

あなたにおすすめの記事