ここから本文です

外国人実習生の聴取票、2870人分を議員が手で書き写し… その理由は?

11/29(木) 11:48配信

BuzzFeed Japan

法務省入国管理局が失踪した外国人技能実習生から状況などを聞き取りした「聴取票」に書かれた内容が、国会で議論の的になっている。賃金の安さや労働環境の劣悪さなどが、事細かに記されているからだ。ただ、聴取票そのものは非公開のため、野党議員が手分けをして書き写している状況だという。入管法の改正が注目されているなか、いったい、なぜそのような資料が公開されていないのだろうか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

政府・与党が今国会での改正を目指す、入国管理法。山積する問題点ゆえに野党側はより慎重な議論を求めているが、11月27日に衆議院を通過した。

議論は多岐にわたるが、なかでも注目されているのが「外国人技能実習制度」だ。

「途上国に技能を伝えるための実習」という建前がある制度だが、実態としては、低賃金労働の供給源になっているという批判も大きい。

技能実習生を巡っては、すでに低賃金や虐待などが理由で職場から逃亡する例が相次いでおり、2017年に7000人を超えた。

聴取票をもとにした東京新聞の集計では、実習生は受け取っていた時給で最も多かったのは、500円台だったという。週100時間を超える労働を強いられている人もいたという。

こうした実態が改善されていないうえで、外国人労働者の受け入れ拡大を巡り、論戦が続いている。

2870人分を手書きで…

聴取票は、入国管理局が2017年に失踪経験のある実習生2870人にヒアリングをした結果をまとめたもの。

政府・与党がともに「閲覧」だけを認め、コピーを禁止しているのが現状で、野党議員が手分けして2870人分を「書き写す」作業に追われているという。

1人あたり1枚あるが、手書きでの書き写しには多大な時間がかかる。野党側はコピーを認めるよう政府・与党に求めているが、応じていない。

立憲民主党の尾辻かな子衆議院議員は、11月26日にこうツイート。「複写不可」であることを批判した。

「今日は失踪技能実習生の聴取票の書き写し。なぜか今日は各党5人まで書き写しが可能になった。1時間で10数枚。2870人分の書き写しが終わるのはいつになるのか。国会の附帯決議によって実施された調査がなぜ複写不可なのか。そんな間にも審議が進められている。こんな状態で明日の採決など認められない」

1/2ページ

最終更新:11/29(木) 23:56
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ