ここから本文です

世界最速最強の女性レーサー井原慶子「将棋界も女性が輝ける時代に」頭脳フル回転の女流棋士に共通点

2018/11/29(木) 11:11配信

AbemaTIMES

 モータースポーツにおける世界最速最強のレーサーが日本にいる。今年から日産自動車の社外取締役も務める現役レーサー・井原慶子だ。世界で唯一、女性として国際A級ライセンスを取得し、日本でも有名なル・マン24時間レースを含む全8戦のWEC(世界耐久選手権)でも、世界で初めて女性として表彰台にも立ち、総合優勝も果たした。「頭も身体もフル回転で使うのがモータースポーツの魅力」と語る井原は、知人のつながりでモータースポーツ同様に、男性と対等な条件で戦う将棋の女流棋士とも接点がある。「せっかく男女一緒に戦える競技ですし、将棋を指す女性はかっこいいと思うので、活躍してほしいと思いますね」と、エールを送った。ほとんどが男性というモータースポーツ界に女性1人で飛び込み、どんな思いで活躍するまでに至ったのか。

 高校時代にスキーのモーグル選手として活躍し、大学時代にはモデル業を開始。そんな井原がモータースポーツに出会ったのは、レースクイーンとしてサーキットに入った時だった。

 井原 生まれて初めてモータースポーツを見て、すごいスピードと爆音だったんですよ。そこで働いている人たちみんなが、命をかけていて。「私もレーサーになりたい!」って思って、目指したんですよ。

 当時、普通自動車免許も持っていなかった女子大生が、いきなりレーサーを志すというから驚きだ。

 井原 私の方が速く走れると思ったんですよ(笑)車のことに無知だったからこそ、そう思えたんでしょう。レースの世界は男性社会ですし、体力的なハンディももちろん大ききですが、それだけじゃなくて社会風潮的になかなか女性が認められなかったのが、一番難しかったですね。

 レーサーデビューしたのは1999年。当時、女性のプロレーサーは海外に数人いた程度で、日本には1人もいなかった。男女別ではなく、男女一緒に戦うレースの世界。チームとしても、あえて女性を起用するには相当のメリットがなくてはいけない。「女性レーサー」という前例がない中で必死にもがき、結果を出すことで信頼を勝ち取った。

 井原 WEC世界耐久選手権は、F1、WRC世界ラリー選手権と並んで、世界のトップカテゴリです。それぞれ競技形態は違うんですが、WECで女性としては世界で初めて表彰台に上れました。日本では結果を出しても揶揄されることが多かったんですが、世界では結果を出せば素直に認めてくださる方が多かったですね。海外のチームに入ると、価値観が全く異なる人と一緒に仕事をしなくてはいけないんですが、そういった人たちと分かり合えて、コミュニケーションを取って結果を出せた時の楽しさ、うれしさが一番の原動力です。

 モーター“スポーツ”というだけに、走行中の重力(G)に耐えながら正確なドライビングテクニックが求められるが、それ以上に使うのが頭だ。走行中、ピットクルーたちと常に無線で交信し、車の状況を逐一報告、その後の開発への手がかりを探す。時速300キロを超すこともある中で、解析をしながらエンジニアに分かりやすく正確に伝える。「無心」とは正反対の位置にいる。

 井原 車を運転している時は、Gがかかってマラソンランナーの心拍数よりも多いんですよ。それに車の開発のことも考えながら走る。2時間走ったら4キロぐらい痩せますね。人間の能力を全て使うのがモータースポーツの一番のおもしろさです。頭も身体もフル回転ですから。

 知人を介して、同じく男性と戦う将棋の女流棋士と会ったことがある井原からすれば、座った状態で頭をフル回転させるところに、モータースポーツと将棋との共通点を感じている。

 井原 頭のフル回転というのは、一番消耗するんですよ。将棋もレースも座っていて、頭だけだろうというように見えますが、人間としての能力を非常に使わないといけない。男性と対等に戦えるというのも、人間としての能力で勝負できるということなので、すごくおもしろいですよね。

 将棋の世界では女流No.1の里見香奈女流四冠が今期から「女流枠」で男性棋戦に復帰し、6勝6敗(11月29日現在)と健闘している。だが「女流」ではなく、男女の区別がない「プロ棋士」と呼ばれるために必要な奨励会三段から四段への昇段は叶わなかった。この点については、やはりプロとして活躍することが、女性の活躍には必要だと考えている。

 井原 やはりプロがいないと、そういう職業があると思わないだろうし、男性しかいないと、女性もそこまで目指さない。せっかく男女が一緒に戦える競技ですから、女性の方が活躍してほしいと思いますね。女性のプロ棋士が出てくれば(年齢の)早い時期から「ああいう風になりたい」と、小中学生から本気でプロを目指す女性が出てくると思います。

1/2ページ

最終更新:2018/11/29(木) 11:11
AbemaTIMES

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事