ここから本文です

EU「首都」で福島の酒紹介

2018/11/30(金) 11:01配信

共同通信

 【ブリュッセル共同】在ベルギー日本大使館がブリュッセルで28、29の両日行った天皇誕生日を祝う催しで、福島県の日本酒10銘柄以上が招待客に振る舞われ、好評を博した。県側は欧州連合(EU)の「首都」でのイベントで復興をアピールし、東京電力福島第1原発事故後、EUが一部続ける農産物の輸入規制撤廃につなげたい考えだ。

 紹介されたのはロンドンの世界的ワイン品評会、インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)日本酒部門の最優秀賞を今年受賞した奥の松酒造(二本松市)の吟醸酒など。福島県と欧州各国の福島県人会が共同で紹介ブースを出した。

最終更新:2018/11/30(金) 11:14
共同通信

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事