ここから本文です

日本、カタール破る=後半一気に突き放す―バスケットW杯予選

11/30(金) 21:02配信

時事通信

 バスケットボール男子の2019年ワールドカップ(W杯)中国大会アジア地区2次予選は30日、富山市総合体育館で行われ、F組の日本はカタールを85―47で破り、1次予選から通算5勝4敗で勝ち点14とした。

 日本は前半途中で司令塔の富樫(千葉)が負傷し、31―32とリードを許したが、第3クオーターに比江島(ブリスベン・ブレッツ)の3点シュートなどで30点を奪って逆転した。

 2次予選は12チームが2組に分かれてホームアンドアウェー方式で対戦し、各組3位までと4位の成績上位がW杯出場権を獲得する。日本は残り3試合で、12月3日にカザフスタンと対戦する。 

最終更新:11/30(金) 21:05
時事通信

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい