ここから本文です

「旦那観察日記」で新境地を開拓。はあちゅうに“日常をコンテンツ化する秘訣”を聞いた

11/30(金) 12:01配信

新R25

AV男優・しみけんさんとの夫婦生活をサルのイラストで綴った「旦那観察日記」が大好評のはあちゅうさん。「人生全部コンテンツ」をモットーに次々と新しいコンテンツを生み出しつづけている彼女ですが、

「自分の身の回りで起きた出来事なんて、発信して面白いのかな?」

「発信力をつけたいけれど、つぶやくことが思い浮かばない…」

などと思っている人も多いはず。

そんな発信上手になりたいR25世代のために、「日常をコンテンツ化する秘訣」について、はあちゅうさんに聞いてみました。

〈聞き手=あつたゆか〉

発信力をつけるために、刺激的な日常を送るべきですか?

ライター・あつた:
はあちゅうさんの旦那観察日記、大人気ですね。

はあちゅうさん:
ありがとうございます。(インスタの投稿を転載している)アメブロで最近、1日114万アクセスまでいったんですよ。

ライター・あつた:
すごいですね…!

“個人の時代”と言われるようになり、はあちゅうさんのように発信力をつけたいと思っている人って多いと思うんです。でも私も含め、「何をつぶやいたらいいのかわからない」という人も多くて…

やっぱり発信力をつけるためには、はあちゅうさんのように面白い日常を送るべきなんでしょうか?

はあちゅうさん:
日常に大きな差はないと思いますよ。

ライター・あつた:
え…でもはあちゅうさんはインフルエンサーだし、やっぱり特別な経験をすることも多いんじゃないですか?

はあちゅうさん:
お仕事としてたまに非日常な体験をすることはありますが、毎日は続けられません。

私は「日常」をコンテンツにしているので、どちらかというと、日々の生活の中で自分の好奇心に敏感になることの方が大事なんじゃないかと思います。

ライター・あつた:
好奇心に敏感になる…たとえばどんなことでしょうか?

はあちゅうさん:
なんでもいいんですよ。「気になっていたパン屋さんに行ってみた」とか「好きな映画を観に行った」とか。

自分の日常から大きく逸脱しない範囲でも、新しい発見はあるじゃないですか。

ライター・あつた:
言われてみれば、はあちゅうさんの発信は「気になっていた本を読んでみた」「通販でこんなものを買ったら便利だった」というつぶやきも多いですね。

はあちゅうさん:
そうなんです。だから日常に大きな差があるわけではないし、無理して日常を特別なものにする必要はないと思います。

1/5ページ

最終更新:11/30(金) 12:01
新R25

あなたにおすすめの記事