ここから本文です

児童福祉司ってどんな職業? どうすればなれる?

11/30(金) 12:21配信

ベネッセ 教育情報サイト

 世の中にはたくさんの職業があります。どんな仕事内容で、どういう人が向いているのか知っておくことは、自分の可能性を広げるためにも、大いに役立つでしょう。今回は「児童福祉司」を取りあげます。

児童福祉司とは?

「児童福祉司」とは、子どもや保護者の相談に乗り、彼らが抱えている問題の解決を手助けする人々のことです。公的機関である児童相談所に所属し、そこを訪れる人々の悩みを聞いて解決の糸口を探ります。相談を聞く相手は、主に心や家庭に問題を抱えた子どもや、育児に悩んでいる保護者たちです。

児童福祉司の仕事の内容

 家庭環境に問題のある子どもは、それが原因で非行に走ったり、虐待の被害に遭ったりすることも少なくありません。また、育児に悩んだ結果、心を病んでしまう保護者もいます。

 そうした人々に寄り添い、彼らが充実した家庭環境を取り戻すのをサポートするのが児童福祉司の仕事です。児童相談所に寄せられた相談に答えるほか、講演会を開いたり、地域を巡回して問題を抱えた家庭がないかチェックしたりします。

児童福祉司になるために必要な資格

 児童福祉司として働くためには、地方公務員試験に合格し、「児童福祉司の任用資格」を取得しなければなりません。任用資格を取得するための条件はいくつかありますが、代表的なものを挙げておきます。

 ・大学で心理学・教育学・社会学いずれかの課程を修了し、厚生労働省指定の各種福祉施設において、1年以上の相談援助業務に従事する
 ・大学院で心理学・教育学・社会学を専門に学ぶ研究科を卒業し、厚生労働省指定の各種福祉施設において1年以上の相談援助業務に従事する
 ・社会福祉士の資格を取得する
 ・精神保健福祉士の資格を取得する
 ・社会福祉主事として、児童福祉施設で2年以上の相談援助業務に従事する

児童福祉司の将来性は?どんな性格の人が合っている?

 近年は、少子化によって子どもの数が減少しているのに対して、児童相談所への相談件数は年々増え続けています。相談件数の増加は、子どもや保護者の悩みに寄り添ってきた児童福祉司の役割が認められた成果だともいえるでしょう。
 児童福祉司は、人の心の中やプライベートな事情など、かなりデリケートな問題にも踏み込まなくてはなりません。相談者が安心して話ができるよう、秘密を守ることは必須となります。
 児童相談所を訪れる相談者の多くは、悩みに苦しみ、心を閉ざしている場合もあります。最初から素直に事情を話してくれるとは限らないので、彼らが心を開きやすいような人柄も備えていなければなりません。人の気持ちに共感し、理解する力や、相手に心を開かせる心理学的なテクニックを身につけているとよりいいでしょう。

参考:
児童福祉司 | 大学・学部・資格情報 | Benesse マナビジョン
http://manabi.benesse.ne.jp/shokugaku/job/list/151/

※この記事は「ベネッセ教育情報サイト」で過去に公開されたものです。

あなたにおすすめの記事