ここから本文です

「GU」初の試着専門店の狙い アバターも活用

11/30(金) 14:49配信

ホウドウキョク

ホウドウキョク

試着だけの新型店舗がオープン。その狙いとは。

ファーストリテイリングの低価格ブランド「GU」が29日に公開した、原宿の次世代型店舗。

特徴は試着専門とし、ネット上で購入するところ。

「たくさんの服の中から自分に合うものを選びたい、ただ試着が面倒」。

そんな問題を、モニターが解決してくれる。

店に設置された縦長のモニターでできるのが「試着」。

まず、モニター脇のカメラで自分の顔を撮影し、自分専用のアバターを作る。

アバターができたら、あとは画面上で服を選ぶだけ。

店内にある全アイテムで、バーチャルコーディネートが可能に。

選んだ服は、すぐアバターに反映されるため、試着に時間を取られることがない。

この機能は、専用のスマホアプリにも連動。

アバターを使えば、場所・時間を問わず組み合わせができ、オンラインストアで購入できる。

さらに、この店舗の試着室に服を持ち込むと、服のタグが読み込まれ、タブレット上にすぐ反映。

こちらも、オンラインストアで購入できる仕組み。

ジーユー・柚木治社長は、「本当に自由自在に着たいものを着られる、試着できる、でも試着は重労働」、「本当に似合うほしいものに出会うスキル、それを得るための時間もコストもどんどん進化している。その最先端にいかないと、お客様の支持は得られない」と話した。

eコマース全盛の時代に、いかに物を売るか。

リアルな店舗の模索は続く。

FNN

最終更新:11/30(金) 14:49
ホウドウキョク

あなたにおすすめの記事