ここから本文です

ドラッグストア売上伸長、「食品」「調剤」牽引

11/30(金) 8:19配信

健康産業速報

 日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)は29日、都内で2018年後期業界研究報告会を開催した。

 JACDS専務理事の中澤一隆氏は、直近のドラッグストアの動向について、「売上高6兆8504億円(前年比5.5%増)で2年連続の前年比5%超え」と語り、「食品」や「調剤」などが市場を牽引している点に言及。「食品は、既存市場の奪取から、今後はサプリメントや機能性表示食品を加えた“食と健康”という新市場創造がドラッグストア成長のカギになる」と強調した。また、予防、未病、フレイルといったキーワードへの対応も必要になるとした。

最終更新:11/30(金) 8:19
健康産業速報

あなたにおすすめの記事