ここから本文です

丸が巨人入り表明「環境を変えて一から勝負したい」

11/30(金) 12:55配信

日刊スポーツ

広島から国内FA宣言した丸佳浩外野手(29)が30日、マツダスタジアムを訪れて巨人移籍を表明した。「ジャイアンツにお世話になります。理由はいろいろあるが、最終的に野球選手、野球人として環境を変えて一から勝負したいと思った」。

【一覧】丸佳浩の年度別成績

29日の夜に決断し、この日の朝に巨人原監督に連絡。同じく獲得交渉していたロッテ井口監督にもこの日に断りの連絡を入れたという。

丸は今月24日に都内のホテルで巨人原監督、石井球団社長と初交渉。5年契約、出来高払いを含め総額30億円超の条件提示を受けたとみられる。翌25日に「本当に誠意を持ってお話ししていただきました。よりプレーに専念できるようなサポートできる態勢を整えるということも言っていただいた」と内容の一端を明かした。さらに原監督から「ジャイアンツに新しい血を入れてくれ、カープでやったいいことをジャイアンツに持ち込んでやってもらいたい」と口説き文句も明かしていた。

この他、宣言残留を認めた広島、生まれ故郷の千葉に本拠を置くロッテとも交渉。広島からは最大4年17億円、ロッテからは6年総額25億円規模の提示を受け、熟考していた。

丸は千葉経大付から07年の高校生ドラフト3位で広島入り。入団3年目の10年に1軍デビューを果たすと11年からレギュラー獲得。13年に盗塁王、17年に最多安打、今季は最高出塁率のタイトルを獲得。さらには17年、18年と2年連続でリーグMVPに輝いた。今季推定年俸は2億1000万円。

丸が移籍した巨人と古巣の広島は来年3月29日の開幕戦で対戦する。

巨人は今オフ、炭谷銀仁朗捕手(前西武)に続き2人目のFA補強に成功。FAでの補強は12球団最多の通算26人目となった。

(金額は推定)

最終更新:11/30(金) 23:02
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ