ここから本文です

国旗渡そうとコース入ったボランティアに「自分責めないで」 優勝逃した中国人選手

11/30(金) 16:35配信

東方新報

【東方新報】中国・江蘇省(Jiangsu)蘇州市(Suzhou)で行われたマラソン大会で、ケニア人選手とトップを争っていた中国人選手にボランティアが国旗を手渡そうとしてコースに入り、中国人選手が優勝を逃した問題で、ボランティアの行為はネット世論で議論の的になった。結果として銀メダルに終わった何引麗(He Yinli)選手はこのほどインタビューに応じ、「ボランティアの方は自分を責める必要はない」と話した。

【写真】国旗を手渡された何選手

 大会では、何選手はケニア人選手と金メダルをかけて激しく競り合っていた。2人ともラストスパートに入っていた時、道路脇にいたボランティアがコースに入り、何選手に国旗を差し出した。ラストスパートに集中していた何選手は国旗を受け取れず、ボランティアは何選手の後を100メートルほど追いかけたが、あきらめた。しかし、その直後にも同じ状況が続けて発生。国旗を持った別のボランティアが再度、コース上に現れて国旗を手渡した。

 何選手は少しの間、国旗を手中に握りながら走っていたが、ラストスパートの手を振る動きの中で、雨で濡れた国旗は地面に落ちてしまった。何選手はペースが乱れたのか、わずか5秒の差で銀メダルに終わった。

 ■ボランティアに怒りは感じていない

 記者:ネット上で国旗事件に関する意見が飛びかっている。あなたは国旗のために金メダルを取れなかったと言っている人がたくさんいるが、そう思うか?

 何選手:国旗を手渡された時、私とケニア人選手は、抜いたり抜き返されたりの状態だったので、国旗が無ければ金メダルが必ず取れたとは言えない。ただ、私は常に全力を出し切ることだけを考えている。あの状況では、どちらとも言えないだろう。国旗を受け取った後、手の振り方のテンポが変わり、最後まで元には戻らなかった。

 記者:あなたの邪魔をしたボランティアに対しては、怒りを感じているのか。

 何選手:怒りは感じていない。ただ、競技の結果については残念に思う。

 記者:国旗を渡したボランティアの責任を追及するネットユーザーがいるが、どのように考えているか。

 何選手:ボランティアを責める必要はないし、ボランティアの方も自分を責める必要はないと思う。彼女たちは、自分の仕事をやっただけだから。あの状況の中で、どうしたらよいか分からなかっただけかもしれない。

 ■組織委から聞かされていたが、2人目は予想外

 記者:ボランティアが国旗を渡してきた時、意外に思ったか。

 何選手:競技前に組織委員会から国旗を渡されると聞いていたので、1人目のボランティアが終点から約400メートル付近に現れ、国旗を渡そうとしているのを見ても意外には思わなかった。でも、国旗を受けとらずに、競技を全うしようと思った。ゴール前300メートルのところで2人目が現れ、これは予想外だった。

 記者:その時、体力的にはどうだったのか。どうして国旗を丸めたのか。

 何選手:体力的には極限まで来ていた。突然に国旗を目の前に出され、国旗を足で踏んでしまったらまずいと思っていながらも、両手で持ち直して国旗を広げることもままならず、丸めてとにかくゴールまで持っていこうと考えた。ただ、国旗はとても大きく、しかも雨で湿って重かった。私の手もすでに固くこわばっていたので、腕を振っているうちに国旗も落としてしまった。

 記者:組織委員会が競技中に国旗を渡す段取りは、適切だと思うか?

 何選手:私は組織委員会の考えを尊重する。だから、国旗を受け取った。ただ、競技中は、外部からのどんな妨害も選手の成績に影響を与える。組織委員会は今後の競技運営の中で、ゴールを通過した後に国旗を渡すように改善してほしい。国旗を背にすることができれば光栄だ。

 記者:組織委員会からの説明はあったか。

 何選手:説明はない。彼らが行動を起こすのを待っている。

 ■省体育局などが調査

 この問題については、江蘇省体育局など関係部門が調査に介入している。

 国家体育総局陸上競技管理センターの水涛(Shui Tao)マラソン社会活動部主任は取材に対し、「中国陸上競技協会は状況を把握しようとしているところで、具体的な状況についてはお話しできない。今後は組織的に競技プロセスの規範化について検討を進めていく」と語った。

 国際陸上競技連盟(IAAF)の規定によると、ゴールする前にはスタッフ2人がフィニッシュ用のリボンを持って金メダル走者を待つことが許されるが、それを除いては、たとえ主審であってもコース上に入ってはならないとされている。(c)東方新報/AFPBB News

※「東方新報」は、1995年に日本で創刊された中国語の新聞です。

最終更新:11/30(金) 16:35
東方新報

あなたにおすすめの記事