ここから本文です

横浜FMのラブコール実る!? “ドラゴンボール好き”25歳マルコス・ジュニオールと仮契約か

2018/11/30(金) 11:50配信

ゲキサカ

 横浜F・マリノスがフルミネンセに所属するFWマルコス・ジュニオール(25)とすでに仮契約を締結したと『ヤフー・エスポルテス』が伝えている。

 マルコス・ジュニオールは1993年1月19日生まれの25歳。2012年よりフルミネンセでプレーし、U-20ブラジル代表に選ばれた経歴も持つ。同選手はゴール後のセレブレーションで日本の人気アニメ『ドラゴンボール』の必殺技であるかめはめ波ポーズを披露することでも知られている。

 フルミネンセでのラストゲームは12月2日となり、契約は12月31日まで。1月1日から日本に行くことになると伝えられている。ペドロ・アバド会長はここ数か月で少なくとも三度、マルコス・ジュニオールに契約延長と給料の増額を提示。しかし、出場機会やフルミネンセの財政状況などを考慮した結果、合意には至らず。フルミネンセに2か月の給与未払いがあったことも影響しているようだ。

 横浜FMは今年4月に夏の補強を目指してオファーを出したが、実現せず。報道によると、横浜FM側はマルコス・ジュニオールの保有権の60%を買い取りたいと提示したが、アバド会長が求めた金額が大きかったため、マルコス・ジュニオールはフルミネンセとの契約を満了することになった。

 今季、マルコス・ジュニオールは現在までにチーム内得点王のブラジル人FWペドロ(19得点)に続く9ゴールを決めている。

最終更新:2018/12/6(木) 13:43
ゲキサカ

こんな記事も読まれています

スポーツナビ サッカー情報

あなたにおすすめの記事