ここから本文です

グーグルの中国向け検索プロジェクト、プライバシーチームを排除か

11/30(金) 10:35配信

CNET Japan

 Googleは、中国向けの検閲対応検索エンジンを秘密裏に開発する過程で、その重要な節目にセキュリティおよびプライバシーチームを介入させなかったという。The Interceptが米国時間11月29日に報じている。

 この「Dragonfly」プロジェクトは、中国政府が好ましくないとする特定の検索語をブラックリストに登録するとともに、検索内容をユーザーの電話番号にひも付けることで、中国政府がより容易に検索を追跡できるようにするものだとされている。

 The Interceptによると、Dragonflyプロジェクトのプライバシーレビュー作成担当者は、エンジニアのYonatan Zunger氏で、勤続14年のベテラン社員だったが、2017年にGoogleを去ったという。Zunger氏が人権問題やプライバシー問題を持ち出すと、中国における事業の責任者であるScott Beaumont氏ら幹部は、懸念を否定したと報じられている。プライバシー担当チームとセキュリティ担当チームも、同プロジェクトに関するミーティングから排除されたという。

 Zunger氏はThe Interceptに次のように語った。「(Beaumont氏は)製品に関する自身の決定に対して、セキュリティやプライバシー、法務の担当チームが異議を唱えるのを快く思っておらず、公然と敵対的な態度を取り続けていた。まったくGoogleにふさわしくないやり方だ」

 Zunger氏とBeaumont氏にコメントを求めたが、すぐに回答は得られなかった。

 Googleの広報担当者は声明の中で、「Googleにおけるプライバシーレビューに交渉の余地はなく、そのプロセスを省略したことはない」と述べた。

 Googleのプライバシーチームの中には、この記事に異議を唱える人もいる。Googleのセキュリティ&プライバシー担当ディレクターであるHeather Adkins氏は、「この記事はDragonflyのセキュリティとプライバシーに従事した私の経験とは異なる。それは前向きで思慮深いものだった。何かを二の次にするようなことはなかった」とツイートしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

最終更新:11/30(金) 10:35
CNET Japan

あなたにおすすめの記事