ここから本文です

元SMAP3人ジャニーズに反攻開始 福岡ローカルで地上波復帰

12/1(土) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 元SMAPで現在は「新しい地図」の3人、稲垣吾郎(44)、草彅剛(44)、香取慎吾(41)が地上波のテレビ番組に出演する。9月に新潟総合テレビ(フジテレビ系)の特番にパラリンピックのスペシャルサポーターとして出てはいるが、今度は九州・福岡を拠点とするRKB毎日放送が制作する「略してブラリク」(12月1、15日。両日ともに16時~)で、3人が福岡を“街ブラ”するという。

 同番組はローカル放送で東京や大阪などでは放送されないが、ちょっとした“事件”ではある。いまだ在京キー局で3人を起用する番組はないからだ。一昨年末にSMAPを解散し、その10カ月後に「新しい地図」として活動を開始。以降、インターネットのAbemaTVで出演するのが関の山だった3人にとっては、地方局とはいえ、堂々の地上波復帰である。

 果たして番組はどのように生まれたのか。制作局であるRKB毎日放送に問い合わせてみると、「メルカリさんから小社営業を通して企画の持ち込みをいただきました。当初は具体的なキャストは決まっておらず、東京からタレントさんが来るということで進行したと聞いています」(番組宣伝担当者)。

■「略してブリラク」出演の裏事情

 企画とスポンサーは決まっていたものの、出演者ありきの話ではなかったというわけだ。だが東京のキー局が「古巣であるジャニーズ事務所との関係を忖度して、様子見をしている」(某在京キー局の番組プロデューサー)中で、TBSの系列局であるRKBが“火中の栗”を拾ったのはなぜか。もしや及び腰の“中央”に業を煮やし、反旗を翻したのか。

「いえいえ、そんなことは全くございません(苦笑い)。純粋に『新しい地図』のお三方に福岡の街を歩いていただいたら地元の良いPRになるのではないかと考えたのです。われわれは視聴者の方々に楽しんでいただける番組作りが第一であり、忖度するといったことはありません。番組リリース後、TBSさまから苦情等の連絡もございません」(同担当者)

 しかし、日刊ゲンダイはさらなる舞台裏の話をキャッチした。元SMAPのチーフマネジャーで現在は3人が所属する「CULEN」社長の飯島三智氏が“仕掛け人”として奔走したというのだ。

 RKBに企画を持ち込んだというメルカリ社のCMには、草彅が起用されている。それゆえ「地上波復帰の番組スポンサーを飯島氏が同社に持ちかけた」(事情通)と聞けば合点がいく。おまけに「RKBの番組プロデューサーはキー局にも動じない胆力が備わっている。なかなかアツいテレビマン」(前出の事情通)とのこと。“新しい地図”に必要なピースが揃ったということなのだろう。

 同番組はメルカリのアプリ内でも無料配信されるという。全国各地にいる「新しい地図」ファンらはSNS上で歓喜の書き込みをしており、早くも番組のレギュラー化まで囁かれている。地方局を足がかりに、ジャニーズへの反転攻勢が始まった。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ