ここから本文です

【センダイガールズ】橋本笑撃!?のエステ特訓

12/1(土) 16:45配信

東スポWeb

 センダイガールズ2冠王の怪物・橋本千紘(26)が30日、2019年のさらなる飛躍を誓った。11月17日の大阪大会では師匠で女子プロレス界の横綱こと里村明衣子(39)を退けてワールド王座V2に成功。今オフにはまさかのエステ特訓を敢行し、心身ともに充実期を迎えている。

 橋本はV2達成と同時に里村との王座戦を3戦全勝として、世代交代完遂を印象づけた。それでも「むしろ悔しかった。時代が変わったとは思っていない。(試合内容で)追い越すのはこれからの課題だと思います」と気を引き締めた。

 現在は、ハードキッカーに急成長を遂げた仙女史上初の美女・岩田美香(22)との「ビューティ・ベアー」でワールドタッグ王座も保持。どちらがビューティーかベアーかはさておいて、オフには2人で北海道・小樽市の酵素風呂(大高酵素「小樽イオンハウス」)に突撃。治療を兼ねたエステ特訓を敢行した。「はり治療と同じで体の悪い部分に熱が届いて癒やされるんです。コンディションも良くなって肌も引き締まりました。ウフフ?」と、橋本は過去最高の周囲68センチまで鍛え上げた太ももに力を込めた。

 酵素風呂とは60~70度まで熱したおがくずの中に、首から約15分間入浴するもの。デトックス効果は抜群とされる。「キャピキャピしすぎて温泉の方から『静かにしなさ~い』と叱られました」と橋本はツヤツヤの頬を赤らめ、女子力全開を強調。しかし無表情でおがくずに埋まる姿には、他の入浴客から「出産中に裏返ったウミガメ」「冬眠に失敗して夫の救助を待つツキノワグマ(♀)」との声も上がっていたらしい。

 今年最後を飾る2連戦(15日仙台、16日新木場=カード未定)には、堂々2冠王として出陣する。「両方のベルトで長期政権を狙う。同世代の選手には絶対に負けない。来年こそ橋本千紘の時代にします」。WWEで活躍した師匠に勝った殊勲を糧に、さらに怪物度を増すつもりだ。

最終更新:12/1(土) 16:45
東スポWeb

あなたにおすすめの記事