ここから本文です

広島、丸のFA補償は金銭より選手「リストを見て」

12/1(土) 5:00配信

日刊スポーツ

広島から国内フリーエージェント(FA)宣言した丸佳浩外野手(29)が11月30日、巨人移籍を表明した。

【一覧】丸佳浩の年度別成績

愛着ある広島からの残留オファーを受け、地元ロッテからも好条件で誘われたが、熟考を重ね、名門巨人の扉をたたくことを決断した。

出来高払いを含めて5年総額30億円超の史上最大級のラブコールを受け止めた。

広島の鈴木球団本部長は丸のFA移籍に伴って発生する補償について、基本的に金銭より選手を求める考えを明かした。

「まずは(巨人から提出されるプロテクト選手の)リストを見て、それなりの選手がいればいくと思う。1年でも活躍できるなら(年俸が)高くても問題ない」。移籍について「ものすごく痛い。穴は埋まらないがカバーしてもらいたい」と話した。

最終更新:12/1(土) 8:11
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ