ここから本文です

スピンショットは手首で打ち分ける セキ・ユウティン

12/2(日) 11:03配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

「スピンショット」をレスキュー♪

【アマチュアゴルファーDさんの悩み】
「スピンの効いたショットが打ちたいです。高さをコントロールしながらスピンをかけるには、どうしたら良いですか?」

【動画】ティンティンのスピンコントロール術

【セキ・ユウティンのレスキュー回答】
スピンを効かせながら弾道の高さを打ち分けるには、ボール位置と手首の使い方が重要です。スピンショットと聞くと難しく考えてしまいますが、ポイントをおさえれば意外と簡単なので、ぜひコースで試してみてください。

1.【弾道低め】ボール位置は右足寄り

ボールを低く打ち出したい時には、アドレスでスタンス幅を狭くし、ボールは真ん中よりボール1個分だけ右足寄りに置きます。フェース面はスクエアに向けたまま、開く必要はありません。

2.【弾道低め】バックスイングでコックを入れる

バックスイングで手首を積極的に使います。コックを入れながらクラブを上げ、ダウンスイングで鋭角にボールをとらえられるようにします。ヘッドを上から入れることで、打ち出し角を抑えた低弾道のスピンショットが出るようになります。

3.【弾道高め】フェースに乗せるように打つ

反対に高く上げたい時は、ボールをやや左足寄りに置き、フェースは開きます。ボールの手前からヘッドを入れ、フェース面にボールを乗せていくような意識で振れるようにセットします。

4.【弾道高め】ダウンスイングでリリースする

ここで手首を積極的に使うのはダウンスイングの時です。インパクト前にしっかりリリース(バックスイングで曲げた手首を解放して戻す動き)をして、バンカーショットのようにボール手前からヘッドを滑り込ませる感覚で振ってみてください♪

【今回のまとめ】2つの異なる手首の使い方

・【弾道低め】右足寄りにボールを置き、バックスイングで手首を使う。
・【弾道高め】左足寄りにボールを置き、ダウンスイングで手首を使う。

取材協力/ザ・カントリークラブ

解説/セキ・ユウティン
1998年生まれ、福井県出身で5歳まで日本で過ごす。中国に渡り7歳からゴルフを始め、16歳でプロ転向。2016年に中国ツアーの賞金女王に輝く。昨季より日本ツアーにも参戦。国内外問わず活躍の幅を広げている。

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ