ここから本文です

無許可で薬保管の疑い、卸売会社社長を逮捕 転売目的か

12/2(日) 20:42配信

朝日新聞デジタル

 無許可で個人に転売する目的で医薬品を保管したとして、大阪府警は2日、医薬品卸会社「美健販売」社長の増谷(そうや)健一容疑者(60)=埼玉県草加市=ら2人を医薬品医療機器法違反(販売目的貯蔵)容疑で逮捕し、発表した。増谷容疑者は「アルバイトが勝手にやっただけ」と容疑を否認しているという。

 生活環境課によると、増谷容疑者らは9月、埼玉県川口市の同社営業所で、個人に横流しする目的で水虫薬や貧血薬など計120点を保管した疑いがある。

 日本の医薬品は中国で人気が高いとされる。府警は別の医薬品の無許可貯蔵事件で逮捕された中国人グループの携帯電話を解析。増谷容疑者らが保管していた医薬品が、訪日外国人客らに転売された疑いがあるとみている。

朝日新聞社

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ