ここから本文です

Toshlが「龍玄とし」に改名した理由

12/2(日) 7:08配信

BuzzFeed Japan

Toshlが初めてのカバーアルバム「IM A SINGER」を発表した。バラエティー番組で果敢に笑いをとり、スイーツ本を出したり、YouTuberとしてデビューしたり…。予測不能な活躍ぶりを見せるToshlに、本業のシンガーとしての覚悟や、未知の世界へ挑み続ける理由を聞いた。【BuzzFeed Japan / 神庭亮介】

【画像】血塗られた包帯、ファン同士の宗教戦争…「90年代V系バンギャ集会」が楽しすぎた件

苗字があった方が

――最近、「龍玄とし」と改名されました。何かキッカケがあったのでしょうか。

龍玄としっていう名前は、今年のお正月からですね。作家活動をする時とか、コンサートの時とかに使っています。

今年に入って、テレビ番組とか音楽プロデュースとかいろんなことをやっていて。実はいまも小説を書いたり、絵を描き始めたりしてるんです。

いままでの自分のカテゴリー以外のところに、どんどんチャレンジしていこうと。「Toshl」っていう名前でもいいんですけど、苗字があった方が単純にいいかなって。

「トシ」って聞くと、世代によってはトシちゃん(田原俊彦さん)がまず先に浮かぶ人もいますから(笑)

別にこだわっているわけではなくて、場合によって、今回のアルバムみたいにToshl名義にする時もありますよ。

心機一転、強そうな名前に

――意味合いとしては、青龍の「龍」に玄武の「玄」で、龍玄?

そうなんです。心機一転、強そうな名前がいいなと。「四神」が二つ入ってるので、縁起がいいですよね。

――全部漢字の中国バージョンもあって、それだと「龍弦虎憧」なんですね。

中国版は「玄」を弓へんの「弦」にして、としは「虎憧」としました。虎は当然、「白虎」(四神の一つ)の意味もあります。

それから、僕はファンの人たちのことを「Toshlove(トシラブ)」と呼んでるんですけど、「トシラブ」を略して虎。トシラブが憧れるToshlだから「虎憧」です。

これから中国でも活動していくなかで、ちょっと名前を考えてみようかなと。そういうのも全部、遊びというか。みんなが楽しく盛り上がれる感じで、名前がつけられたらいいなって。

1/5ページ

最終更新:12/2(日) 10:20
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事