ここから本文です

スティグマとは何か?  健康さえ脅かすネガティブなレッテル

12/2(日) 9:03配信

BuzzFeed Japan

社会的マイノリティと呼ばれる人々が分野を超えて集った院内対話集会で、基調講演をした東京大学先端科学技術研究センター当事者研究分野准教授の熊谷晋一郎さん。

「政治から差別発言をなくすために私たちがすべきことは?」というテーマで語った講演詳報第二弾は、社会によって、そして自分自身によって胸に刻まれた負の烙印「スティグマ」について、丁寧に説明を始めます。
【BuzzFeed Japan Medical / 岩永直子】

社会的な要因が左右する健康 なぜ政治の場で差別を議論しなければならないか

さて、今日のお話の本題に入りたいと思います。

差別という問題を、政治の場で議論しなければならないのではないか?

そんな問いに対しては、いろんな答え方があると思います。

私が専門にしているのは医学ですから、健康という観点から差別がどれほど人の寿命や健康、心身のウェルビーング(well-being、生き生きとした良好な状態)を損なうかについて、まず基本的な情報を共有しておきたいと思います。

最近、注目されている概念の一つが、「健康の社会的決定要因(Social determinants of health )」というものです。略して、SDHと言います。

医学はどんどん進歩して、様々な健康問題が解決した部分もありますが、相変わらず、一部の人々にはその恩恵が十分行き渡っていません。

例えば、経済的に恵まれない人たちは寿命が短いですし、精神障害を持つ人は寿命が短い。様々な健康格差がありますが、そのように身体の状態が原因ではなく、健康格差を生じさせる社会的要因のことをSDHと呼びます。

健康格差をもたらす社会的要因とはどういうものなのでしょうか? 

様々なメカニズムを通じて多くの人々の健康に影響を与えている事実があること、健康を維持するのに不可欠な物理的・人的・心理的な資源へのアクセスを妨げていること、時代が変わるにつれて健康に影響を与えるメカニズムを進化させ、新しいメカニズムで不平等を生み出し続けることという3つの特徴があります。

1/3ページ

最終更新:12/2(日) 9:03
BuzzFeed Japan

あなたにおすすめの記事