ここから本文です

あの猫に贈りたい!?「ペット用お歳暮」が登場…今年もお世話になりました。

12/2(日) 12:05配信

FNN PRIME

ペットにも一年の感謝をこめて…

今年も残すところあと1ヵ月。
大手百貨店ではすでに「おせち商戦」も始まっているが、まずはお歳暮シーズンが近付いている。

【画像】パッケージも可愛い!犬・猫用お歳暮がコチラ

今年一年の感謝を込めて、何を贈ろうか…と頭を悩ませている人も多いだろうが、そんな中、ぜひとも受け取った感想を聞いてみたい、こんなお歳暮が登場した。

それが、ENGAWA株式会社が企画・製造した“ペット向け”お歳暮セット「お暮(くれ)にゃん!」 「お暮(くれ)ワン!」だ。

気になる中身は、いなばペットフード株式会社から販売されている「ちゅ~る」シリーズの詰め合わせ。
「ちゅ~る」はペースト状のペット用おやつで、猫用にはまぐろやかつお、犬用にはとりささみ味など、色々なフレーバーが展開されている。

パッケージに夢中でかじりつくペットの動画をSNSにアップする人が多いことでも有名な「ちゅ~る」。
ペットたちのあまりの“熱狂”っぷりに、公式サイトで「飼い主さんの中には、ちゅ~るに何か怪しいものが入ってるんじゃないかとご心配される方もいらっしゃいますが、ニャー(ノー)プロブレムです」と“おことわり”が掲載されたほどの人気商品だ。

猫向けセットの「お暮にゃん」には、この「ちゅ~る」から「まぐろ&タラバガニ味」や「まぐろ&松阪牛味」など、豪華なフレーバーが勢ぞろい。
犬向けの「お暮れワン」は、「ささみと緑黄色野菜ちゅ~る とり軟骨」などをはじめ、新商品・人気商品を詰め合わせたものになっている。

木目調のパッケージには犬と猫の顔がデザインされた水引とのし紙がかけられており、“人間用”顔負けの仕上がりとなっているこちらのお歳暮。
SNSでは「素敵すぎる!さっそく贈ります!」「犬・猫用の2種類あるのが嬉しい」と、喜びの声が続々挙がっていた。
人間用のお歳暮商戦もアツい中、なぜペット用のお歳暮を作ったのだろうか?詳細を聞いてみた。

企画者は「大の猫好き」!

――「ペット用お歳暮」を企画したきっかけは?

企画者が「大の猫好き」というのが、そもそものきっかけです。
企画者をはじめ、愛犬家や愛猫家は、コスチュームやおもちゃ、おやつなど、ペットにお金を使う機会を探しているところがあると思います。

ちょうど企画時に、ペットにかけるお金が年々増えていること、また15歳未満のこどもの人口よりも犬・猫の飼育数が多いことなどから、ペット向けのお歳暮を販売すれば、愛犬家・愛猫家の購買欲求を満たしつつ、市場規模が減少している「お歳暮」において、新規ユーザーの獲得が出来るのではないかと考えました。


――お歳暮の中身を「おやつの詰め合わせ」にしたのはなぜ?

内容決定には1か月ほど時間がかかったと思います。またその中で、おもちゃなど様々な組み合わせを検討しました。

<検討した商品内容>
・缶詰タイプのごはん ※高級食材などを使用した、いつもと違う贅沢ごはんとして
・無添加など食材の安心、安全に配慮したおやつ
・ケーキなどの、普段与えないウェットタイプのおやつ
・猫向けおもちゃボックス
・大きさ別(小型犬・中型犬・大型犬)の犬向けのおもちゃボックス など

結果、上記検討にあたり様々なメーカーに相談する中で、猫は犬に比べて食やおもちゃに対して好き嫌いが激しく、「食べない・遊ばない可能性があること」、「安定した商品確保」、「犬向けちゅ~るが2018年秋にリニューアル&新テイストのものを販売」したことなどを受けて、ちゅ~るの詰め合わせとなりました。

1/2ページ

最終更新:12/2(日) 12:05
FNN PRIME

あなたにおすすめの記事