ここから本文です

「Sexy Zone」中島健人主演「ドロ刑」第8話視聴率は7・6%

12/3(月) 10:21配信

スポーツ報知

 1日に放送された「Sexy Zone」の中島健人(24)主演の日本テレビ系連続ドラマ「ドロ刑―警視庁捜査三課―」(土曜・後10時)の第8話の平均視聴率が7・6%だったことが3日分かった。

【写真】M―1を制した「霜降り明星」のせいや(左)と粗品

 初回は11・8%で好スタート。第2話は8・6%、第3話は8・5%、第4、5話は8・4%、第6話は8・1%、第7話は8・7%と推移。今回は1・1ポイントダウンした。

 中島の連ドラ主演は14年のテレビ朝日系「黒服物語」以来4年ぶりで、プライム帯(後7~11時)の主演は初めて。「週刊ヤングジャンプ」に連載中の、福田秀氏の同名コミックが原作。窃盗事件が専門の「捜査三課」を舞台に中島演じる新人刑事・斑目(まだらめ)が、希代の大泥棒と呼ばれる煙鴉(けむりがらす)とまさかのコンビを組んで問題を解決していくストーリーだ。相棒になる煙鴉役はベテラン俳優・遠藤憲一(57)が演じる。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)

最終更新:12/3(月) 10:27
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ