ここから本文です

神野大地、急激失速は低体温症だった「首元がぞわっとして、体が動かなかった」

12/4(火) 6:12配信

スポーツ報知

 福岡国際マラソンで、29位に終わりMGC出場権を獲得できなかった神野大地(25)=セルソース=は3日、終盤に低体温症になっていたことを明かした。

 「首元がぞわっとして、体が動かなかった」。40キロからゴールまでのラップタイムは291人中285位。来年1月から約1か月間、再びケニア合宿を行い、次戦は来年3月の東京マラソンを予定し、「(MGCへ)ラストチャンス」と腹をくくる。「東京五輪が今の最大目標ですが、終われば次の世界陸上や24年パリ五輪も見据えて走りたい」と話した。

最終更新:12/4(火) 6:16
スポーツ報知

あなたにおすすめの記事