ここから本文です

【今週の日経平均を考える】12月相場が年末年始の動きを占い、2019年の雰囲気を決める

2018/12/3(月) 8:00配信

マネーの達人

テクニカル指標

■一目均衡表

下落から抜け出し始めて切り替わりのポイントである雲におおむね到達で雲入り 雲抜けが出来るか週明け以降のポイントになります。

遅行線は日々線を抜けたことで上への抵抗帯が少なくなっている状況ですが、週明け月曜から水曜がミニ天底一致となるのでこの3日間が戻り位高値となる可能性があると考えます。

■ボリンジャーバンド
7本のラインがすべて上向きました。

このまま株価が+2σを突破すれば上値追いになると考えますが、いったん 押す場面をつくりそれぞれのラインが下向きとなると波うちの動きを形成しBOX入りという動きを示す形状になりますが、どうなるでしょうか?

■スローストキャスト
上まで上がった2本のラインがデットクロスとなりしっかり上まで上がったことで、弱さはなくなったと判断されこの後、2本のラインがどこまで降りてゴールデンクロスとなるかに注目です。

総合判断

前週までの底割れ下落の危機は抜け出し、上昇に転じるのかBOXとなるのかの見極めとなっています。
例年の年末上昇となるのか例年と違う動きとなるのか?焦らず見極めが必要です。

12月に本格的に入りマーケットは上値追いを期待しています。

素直に期待通りの動きを望む反面 再度 下に向くかもという危機感との背中合わせの週となります。

緊張感をもって見極めてまいりましょう。(執筆者:城 晶子)

2/2ページ

最終更新:2018/12/3(月) 8:00
マネーの達人

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ