ここから本文です

星野リゾートと日本政策投資銀行、共同ファンドで温泉旅館の開発に投資、山口県・長門湯元温泉に「星野リゾート 界」新設へ

12/3(月) 16:20配信

トラベルボイス

星野リゾートと日本政策投資銀行はこのほど、山口県・長門湯本温泉における温泉旅館開発に対して投資をおこなった。国内の宿泊事業者を支援対象とする共同運営ファンド「星野リゾート旅館・ホテル運営サポート2号投資事業有限責任組合(2号ファンド)」を通じて実施したもの。

【関連画像】スキーム概要

同案件は、2015年に日本政策投資銀行が開始した「特定投資業務」を活用した資本性資金の供給によってサポート。同計画への投融資は、2号ファンドのほか地域金融機関などと協調して実施。地域における観光産業を支える宿泊事業者に成長資金の面で支援をおこなう。

計画では、長門市が策定した「長門湯本温泉観光まちづくり計画」にもとづき、音信(おとずれ)川沿いに温泉旅館「星野リゾート 界 長門」の建設を予定。2018年9月6日に着工されており、開業は2020年3月となる見通しだ。

トラベルボイス編集部

最終更新:12/3(月) 16:20
トラベルボイス

あなたにおすすめの記事

あわせて読みたい