ここから本文です

NHK朝ドラ101作目は「スカーレット」ヒロインは戸田恵梨香

12/3(月) 17:30配信

THE PAGE

 NHK大阪放送局は3日、2019年度後期の「連続テレビ小説」101作目が、焼き物の里・信楽の女性陶芸家が主人公の「スカーレット」に決まったと発表した。また、ヒロインが戸田恵梨香(30)に決まったことも発表。発表会見に出席した戸田は「戸田恵梨香という役者のイメージ像に入ってくるものと思いました」と意気込みを語った。

【拡大写真】2018年度前期の朝ドラ「半分、青い。」から現在放送中の「まんぷく」へバトンタッチ。このバトンは後に戸田へ受け継がれることに

ヒロインは信楽の女性陶芸家、脚本は「夏子の酒」「ビギナー」の水橋文美江氏

 同局によると、このドラマは滋賀県信楽の女性陶芸家がモノを作り出す情熱と喜びを糧に、失敗や挫折にめげず生きていき、がむしゃらな強さと天性の明るさを持つ女性の波乱万丈な人生の物語だという。

 舞台は1950年代~1960年代の高度経済成長期を中心に描かれ、戸田は1937年生まれの川原喜美子を演じる。脚本は「夏子の酒」「ビギナー」などを手がけた水橋文美江氏が担当する。

戸田「断捨離で自分の中で空間ができたところにこの話が来た」

 戸田は会見で今年8月にオファーを受けたことを明かした。同月に30歳を迎えた戸田は「ずっと20代でモヤモヤしていたものが、断捨離(だんしゃり)をきっかけに晴れた。断捨離で自分の中で空間ができたところにこの話が来て、心にスーッと入ってきた」と話した。

 これまでは「前進していたい、進化し続けたい」という思いから「1年間を通して同じ役を演じ続けるのはどうなのか?」と考えていたという。

 しかし、それが「大きな進化があるということなのか」「なんてぜいたくな時間なのか」と考えるようになり「ぜいたくな時間を楽しみたい」という気持ちになったという。

関西の撮影「友人に力をもらいながら、おいしいごはんを」

 戸田は舞台となる信楽について「自然が豊かでおだやかな町というイメージを持っている」と話した。また、クランクイン前には、信楽という町に触れていきたいとも話していた。

 自身は兵庫県神戸市出身ということもあり、長期撮影を乗り切る秘訣として「関西の撮影なので友人に力をもらいながら、おいしいごはんをたくさんたべる。スタッフ、共演者のみなさんと楽しくすごすということがわたしにとってのエネルギーになると思う」と話していた。

1/2ページ

最終更新:12/5(水) 19:07
THE PAGE

あなたにおすすめの記事