ここから本文です

クレプトマニアって何? 原裕美子被告も告白、万引きをやめられない精神疾患。対応と治療法は

12/3(月) 20:37配信

ハフポスト日本版

群馬県太田市のスーパーで2018年2月、元マラソン選手がキャンディ1袋など3点を盗んだとして、逮捕された。

その総額は、382円。お金がなかったわけではない。犯行当時は、2万円以上の現金を持っていたという。

2005年に出場した名古屋国際女子マラソンでは、初挑戦で優勝。同年の世界陸上ヘルシンキ大会で6位に入賞するなど、世界レベルの実力を持っていた原裕美子被告(36)。

彼女は、2017年にも窃盗罪で有罪判決を受けていた。

そして2度目となる今回、12月3日に前橋地裁太田支部で懲役1年、執行猶予4年の判決を受けた。

原被告は、万引きを繰り返してしまう精神疾患「クレプトマニア(窃盗症)」だったという。クレプトマニアとは、どのような病気なのか。

自分では窃盗を止められない

アメリカ精神医学会の診断基準であるDSM-5によると、生涯有病率(一生のうちに一度はクレプトマニアになる人の割合)は0.3~0.6%。稀な病気として認識されている。

何かを盗むという犯罪では「お金がなかったから」「転売するために」など、自分の利益にするための動機がある。

だが、クレプトマニアの場合は、資金的にも困っておらず、特段手を伸ばした商品が欲しくて仕方ないわけでもない。盗むこと自体が目的になる。

診断基準によると、盗もうとする直前には緊張の高まりがあり、盗んだことで快感、満足感、解放感を得る。盗む目的は誰かに対する報復や怒りなどというわけではないし、妄想のせいで窃盗に及ぶというわけでもない。

また、この犯罪は、罪悪感が欠落しており他人に危害を与える素行症や、反社会性パーソナリティ障害では説明できない。

逮捕されたり、周囲からとがめられても、必要な治療をしない限り自分ではやめられず、再犯に手を染めてしまうこともある。ただ、窃盗自体は悪いことであるという認識があり、盗んだ後に強い罪悪感に苛まれることも多いという。

クレプトマニアになる人の背景は

依存症の専門治療機関として著名な赤城高原ホスピタルの竹村道夫院長が出している専門家向け資料によると、 クレプトマニアに陥る人の背景には、機能不全の家庭で育ったり、トラウマ体験が多かったりといった共通点がみられるという。

発病のきっかけでは、失意体験によるものがしばしばあり、仕事のストレスやDVを受けるなどの家庭内でのストレスを抱えているケースが多いという。

盗むという行為に対して、成功率の高いギャンブルのようなスリルを感じ、習慣化してしまう。

特に、窃盗症は摂食障害との関連性が指摘されており、1996年の研究では摂食障害の患者の12~24%が万引きを繰り返してしまうという結果が出ている。

1/2ページ

あなたにおすすめの記事