ここから本文です

上沼恵美子がM1審査員引退宣言「もっと数字行く」

12/3(月) 16:00配信

日刊スポーツ

タレントの上沼恵美子(63)が、長年務めてきた「M-1グランプリ」の審査員を引退する意向を示した。

【写真】上沼をブチギレさせたマヂカルラブリー

上沼は3日放送のラジオ番組「上沼恵美子のこころ晴天」で、自身が審査員を務めた前日放送の「M-1グランプリ2018」を振り返り、「前半はちょっとダレましたよね。よく残ってきたなっていう漫才が続きましたよね」と辛口を交えつつ、「最後に行けば行くほど盛り上がってきました」と総括。霜降り明星、和牛、ジャルジャルの3組で争われた最終決戦で、和牛に投票したことについては、「和牛は完成度が高い。いとし・こいしさんかと思いました」と、昭和から平成までお茶の間をわかせた名人コンビを引き合いに出して称賛した。

また、「ファイナルに上がる人がもう少しレベルアップされた方が、今後のM-1はもっともっと盛り返す」と、今後の出場者たちに期待しつつ、「テレビ離れが進んでる昨今ではございますけど、もっと数字(視聴率)行くんじゃないかな。島田紳助さんが作ったM-1というソフトは、まだまだでかい。ドラマがあるもん」と、M-1の存続については太鼓判。続けて「だから私みたいな年寄りがあんな所にちょこんと座って偉そうにしてる場合じゃないんですよ。だから私は引退します、審査員を」と言い放ち、「むしろ(出場者として)出たいですね」と冗談めかした。

最終更新:12/4(火) 17:54
日刊スポーツ

あなたにおすすめの記事