ここから本文です

「生きているだけで石投げつけられた」でもいまは……脳性麻痺の男性、仲間と綴った「生き様ソング」

2018/12/5(水) 7:00配信

withnews

  広島生まれで59歳の村上昌憲さんが、牛乳パック回収の仕事をするため車の運転免許を取ったのは30歳の時でした。1995年の阪神淡路大震災では、車で荷物を運ぶボランティアをしました。好きな食べ物はイチゴで、毎年、イチゴ狩りに出かけます。氷川きよしが大好きで、家では気が向いたときにCDを流しています。そして、脳性麻痺を持っています。「特別扱いされること」が嫌い。最近、その生き様が歌になりました。障害は特別なこと?
 ポップな歌詞は、障害と聞いて身構えてしまう人や、普段、障害を意識しない人たちに語りかけます。(朝日新聞記者・金澤ひかり)

【写真】「エモい障害者アート」映画から「自分らしい人生」考えてみた

〈時代は遡り50年前

生きているだけで石を投げつけられたこともあった

「変なおっちゃんがいる」

子どもの悪気ない言葉のボールも

胸に当たると今もズキッと音が鳴る

半年20回試験受け続け取った運転免許

健常者と同じステージに立ったと初めて思えた〉
――生き様ソングvol.1【村上昌憲編】より

 村上さんは現在、電動車いすで日常生活を送っていて、食事や入浴の介助などが必要です。

歌作りの「目撃者」1100人

 そんな村上さんの「生き様」を歌にしようと発案したのは、福祉施設の職員としても働く世古口敦嗣さんです。

 世古口さんは、福祉施設などが店舗を出したりワークショップを開いたりするイベント「ミーツ・ザ・福祉」(尼崎市で11月に開催)の運営メンバーの一人。

 イベントに向けて、障害があることで行動に制約があった人たちが、自らの手で「できること」を増やし、人生を切り開いていった様子を歌にするプロジェクトを提案しました。

 世古口さんは「歌にすることで、『障害者運動』という強いメッセージをポップに伝えられると思った」と話します。

〈僕は街に出る

出てどんどん周りを困らせるよ

同じ人間なのに行けない場所あるのはおかしいだろ?〉
――生き様ソングvol.1【村上昌憲編】より

 作詞作曲は、シンガー・ソングライターのyu-kaさんに依頼しました。

 3月に企画を提案してからは月に1回のミーティングに加え、一般の参加者を募集し村上さんに公開インタビューしたり、歌作りの様子をネット配信したりするなどして、多くの人が村上さんの人柄に触れられる機会を設けました。ネット配信を見るなどして村上さんの歌作りの過程に触れた人は、なんと、のべ1100人にのぼります。

1/3ページ

最終更新:2018/12/5(水) 16:33
withnews

あなたにおすすめの記事