ここから本文です

特許出願、中国が7年連続首位=世界全体の約4割

12/4(火) 0:51配信

時事通信

 【フランクフルト時事】世界知的所有権機関(WIPO)が3日公表した報告によると、2017年に各国・地域の当局が受け付けた特許出願件数は、中国が138万1594件と全体の約4割を占め、7年連続の首位となった。

 
 世界全体の特許出願件数は、316万8900件。2位は米国の60万6956件で、3位は日本の31万8479件だった。 

最終更新:12/4(火) 7:03
時事通信

あなたにおすすめの記事