ここから本文です

モフモフ150頭洗いました! 休園日に飼育係総出、モルモットシャンプーが話題 井の頭自然文化園に聞く

2018/12/5(水) 7:00配信

withnews

 東京都武蔵野市にある「井の頭自然文化園」。ここで今月3日の休園日に実施された「モルモットのシャンプー」が、ネット上で注目を集めています。担当の飼育係以外も動員して、半日かけて約150頭を洗った一大イベントです。実施の理由や経緯について話を聞きました。

【画像】シャンプー開始から完了まではこちら。連続写真で紹介。この表情、前足、目、口元……全部カワイイ

ツイートが話題に

 今月3日、井の頭自然文化園のツイッターアカウントが、こんなつぶやきを投稿しました。

 「今日はモルモットのシャンプーの日。9時過ぎから始まり夕方までの飼育係総出の長丁場。150頭がとっておきの美人モルになります」

 添付されている画像には、何とも言えない表情で洗われているモルモットが写っています。

 その後のツイートでは、シャンプー開始から完了までの流れを画像付きで紹介。

 まず、たらいに張ったお湯の中でモルモットをぬらして、約10分かけて薬用シャンプーで洗います。

 その後、ドライヤーの順番を待つまでの間にストーブで暖を取り、タオルとドライヤーで乾かした後、マダニ防止スプレーをして完了です。

 これらのツイートに対して、「可愛すぎて倒れそうになりました」「150頭も大変」といったコメントが寄せられており、リツイートが3千、いいねは8千を超えている投稿もあります。

飼育係に聞きました

 「年2回、夏と冬が始まる前にシャンプーを実施しています」と話すのは、モルモットを担当している飼育係の山口真理子さん。

 ふれあいコーナーで来園者とふれ合うモルモットについては全頭シャンプーを実施しているそうで、今回は150頭に上ったそうです。

 昨年までは担当の飼育係4人で、ほぼ1日かけてシャンプーをしていましたが、今回は他の係や分園の職員にも協力を依頼。9時から始めて15時半には終了したそうです。

 「飼育している動物を洗うことは通常ないので、職員からは『新鮮』『癒やされるわ』といった声も上がっていました」

 投稿が話題になったことについては、こう話します。

 「普段見ることができない表情なので、喜んでいただけてうれしいです。今回の投稿を通じてモルモットの魅了が伝わればいいなと思います」

最終更新:2018/12/5(水) 10:33
withnews

あなたにおすすめの記事