ここから本文です

来年10月開院 熊本市民病院

12/4(火) 20:42配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

再建が進む熊本市民病院が来年10月に開院することが決まりました。

熊本市民病院は、熊本地震で大きな被害を受け、今年2月から東区の別の場所で再建が進んでいます。

新しい熊本市民病院は、来年10月1日に開院し、10月7日から診療を受け付ける予定です。

新しい病院は、外科系・内科系など4つの部門に分け、これまで34あった診療科を統合分離し「リハビリテーション科」などの廃止で31に減るものの、診療体制にほぼ変更はないということです。

また、心疾患の子どもがいる保護者などが存続を求めていた「小児循環器内科」も独立した診療科として存続します。

病院の担当者は「延床面積が以前より約1000平方メートル広くなり病床の数が556から388に減ることで患者一人一人のスペースが広くなる」と話しています。

RKK熊本放送

最終更新:12/4(火) 20:42
RKK熊本放送

あなたにおすすめの記事