ここから本文です

「北朝鮮国民アンカー“ピンクレディ”李春姫氏が引退」

12/4(火) 15:06配信

中央日報日本語版

北朝鮮の「重大発表」のたびに登場していた朝鮮中央テレビの李春姫(イ・チュニ)アナウンサーが引退すると英紙テレグラフが3日(現地時間)、報じた。同紙は李氏の声が金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が追求する先端技術のイメージとマッチしないために引退すると分析した。李氏は1971年から50年近く北朝鮮のニュースを伝えてきた。

テレグラフは今年75歳の高齢にも現役で活動してきた李氏は朝鮮中央テレビの看板アナウンサーであり北朝鮮政権から信頼されている数少ない人物の一人だと説明した。また、過去数十年間、北朝鮮の歴史に重大な瞬間があるたびに住民にその便りを伝える役割を果たしてきたと付け加えた。

外信記者は、北朝鮮の主要な声明と談話を担当して発表する李春姫氏について「北朝鮮放送に“ピンクレディ”が登場すると悪いニュースが伝えられる」と話す。「ピンクレディ」というニックネームは李氏が主にピンク色の韓服を着て放送に登場するためについた。

同紙は李氏がピンク色の衣装を非常に好んでいるとし、洋装をする時も「トレードマークカラー」(trademark colour)であるピンク色を身に着けていると伝えた。

李氏はこれまで北朝鮮の「重大発表」を専門的に担当してきた。北朝鮮が大陸間弾道ミサイル(ICBM)の試験発射と水素弾の実験に成功したという発表も李氏の口を通じて世の中に伝えられた。1994年と2011年、金日成(キム・イルソン)と金正日(キム・ジョンイル)死亡の便りを伝えたのも李氏だった。

金日成・金正日の死亡時には悲痛な泣き声とともに、核とミサイル実験時には興奮した声でニュースを伝えた。特に2016年にはしばらく姿を見せていなかったが、4回目の核実験成功を発表して世界を驚かせた。

李氏が引退するのは金委員長が思い描いている北朝鮮の変化の方向と一致するという分析だ。すでに朝鮮中央テレビのメインアンカーは30代とみられる人物と交代している。ABCニュースによると、仕立ての良い洋服を着た若い世代のアンカーは伝統的な権威主義的なリポートスタイルを捨てて、聴衆を参加させるなど現代的かつ双方向で疎通する方法を獲得しつつある。

外信は韓国のある大学教授とのインタビューを通じて「金正恩時代の主なモットーは新しい時代とそのトレンドに追いつくこと」としながら「方向性の転換がプログラム製作にも反映されている」と説明した。

また、北朝鮮視聴者が外部テレビ番組に頻繁に触れるようになり、既存のトップダウン式のニュースの読ませ方は「これ以上説得力がない」と分析した。

だが、同紙は「北朝鮮の放送は常にメッセージを残す」とし「一般市民の意見も聞かせているが、インタビューの対象者は依然として機会があるたびに会話中に金正恩に謝意を表している」と指摘した。

あなたにおすすめの記事