ここから本文です

“脱げるシンガー・ソングライター”水着姿で歌うワケ「何だこいつって思われても…」

12/4(火) 13:36配信

スポニチアネックス

 ビキニ姿でライブをすることから「一番“脱げる”シンガー・ソングライター」の異名を取る歌手の藤田恵名(27)が、2日に放送されたインターネット放送「Abema TV」の「給料明細」に出演。水着姿で歌うことになった理由を明かした。

 「そもそも、(存在を)知ってもらう数を増やさないと意味がないので」と藤田。「“水着を着てる子”と思われてもいいし、“何だこいつ”って思われてもいい。とりあえず知ってもらうことを優先しなきゃと思って、手段は選ばない」と、服を脱ぐ自身のスタイルへの思いを説明した。

 歌手になることは幼稚園時代からの夢だった。「お母さんにほめられたのがうれしくて。10歳でスクールに入ってずっとやってきた」とし、他の選択肢は考えたこともなかったという。また、母親は応援してくれたが、父親からは「歌の上手いOLにしておけ」と言われていたことを振り返り「お父さんを見返そうと思って。なにくそって思いながら」と父親への反骨心が原動力になっていることも明かした。

 グラビアアイドルとしても活動している現在の月給については「グラビアとかメディアとかでいただくお金と、ライブ活動を全部合わせて、平均で40~45万円ぐらいです」と告白。シンガー・ソングライターとして、今後の夢は「武道館で満員のライブをしたい」と声を弾ませた。

あなたにおすすめの記事