ここから本文です

女川1号機で水漏れ=900リットル―東北電

12/4(火) 19:28配信

時事通信

 東北電力は4日、廃炉を決めた運転停止中の女川原発1号機(宮城県石巻市、女川町)の原子炉建屋内で約900リットルの水が漏れたと発表した。

 水は、制御棒駆動装置の冷却水などに使われるもので、放射能は含まれておらず、環境への影響はないという。

 東北電によると、4日午前11時すぎ、原子炉建屋地下1階の空調機が設置されている部屋の床に水がたまっているのを社員が発見。同日は配水管の弁の点検を終え、水を流す作業をしていた。本来閉まっているはずの弁が開いており、水は排水管などを通り、地下1階のほか、地上1階の通路と地下2階ポンプ室にも漏れたという。 

最終更新:12/4(火) 19:53
時事通信

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ