ここから本文です

藤井七段が新人王の表彰式に出席 「更なる飛躍へ日々精進を」 東京

12/4(火) 18:41配信

CBCテレビ

CBCテレビ

 最高の結果で卒業です。
 将棋の藤井聡太七段が、優勝の最年少記録を塗り替えた新人王戦の表彰式に出席しました。

 「新人王戦は、トップ棋士への登竜門と言われている棋戦ですので、この優勝を機に、更なる飛躍が出来るよう日々精進していきたいと思っています」(藤井聡太七段)

 新人王戦は、26歳以下かつ六段以下の棋士らが争うトップ棋士への登竜門です。

 ことし四段から段位を3つ上げた藤井七段は、新人王戦参加中に六段を超えてしまい、今回が最後の出場となりましたが、見事優勝をおさめ、31年ぶりに最年少記録を塗り替えました。

 「自分の及ばない部分というか、課題というものを、改めて確認することが出来た、ということもあるかと思うので、そういった経験を生かして、次の1年に繋げていきたいなと思っています」(藤井聡太七段)

 次の目標は、タイトルに少しでも近づくことと控えめに語りました。

最終更新:12/4(火) 19:36
CBCテレビ

あなたにおすすめの記事