ここから本文です

NOBUNAGA Labs、オーディオテクニカのA2DCコネクターに対応したリケーブル「TR-LS2」「TR-LS2BALANCE」を12月7日に発売

12/4(火) 18:05配信

Stereo Sound ONLINE

 NOBUNAGA Labsより、オーディオテクニカが採用しているA2DCに対応したリケーブル「TR-LS2」(3.5mmステレオミニプラグ・ストレート型)と「TR-LS2BALANCE」(2.5mm4極L字型)を、12月7日から発売する。価格はオープンで、想定市場価格はともに¥4,430前後。

イヤホン側のプラグはA2DCコネクターを採用

主な特徴は下記の通り。

・柔らかで肌触りのよい布製の被膜処理を行ない、衣服などとケーブルが擦れる際に発生するタッチノイズを低減。

・コネクター部分には24K金メッキ処理を施し、接触抵抗を抑え、高い電気伝導性を発揮。さらに、シェル内部にはモールディング加工を施し、着脱時のトラブルを最小限にする設計が行なわれている。なお、シェル部分は、NOBUNAGA Labsオリジナルのスリットデザインを採用。左右の判別を行なえるように、黒、赤のラインを溝に印字している(L側が黒、R側が赤)。

・イヤーフック部分にワイヤーを使用せず、柔軟性を持たせることで取り回しをしやすくした。

・TR-LS2は、ストレート型プラグを採用。TR-LS2BALANCEはL型のプラグを採用。

・同社お得意の、-156度/48時間のクライオ処理を施すことで、電気抵抗値を抑えて通電効果を向上させ、S/Nやノイズ、歪みのスペックをアップ。


▼TR-LS2、TR-LS2BALANCEの主な仕様
ケーブル:銅
ケーブル長:120cm
イヤーフック:ワイヤー無し
ケーブルスライダー:有
イヤホン側プラグ:A2DCコネクター金メッキ
インピーダンス:0.5Ω以下
クライオ処理:-156度/48時間
対応機器:オーディオテクニカ LSシリーズ、Eシリーズ、CK2000Ti、CM2000Ti、CKS1100X、CKR90、CKR100

最終更新:12/4(火) 18:05
Stereo Sound ONLINE

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ