ここから本文です

アイドルサイン会で知られる『福家書店』を経営していた福家書店管財、特別清算開始

2018/12/4(火) 9:44配信

帝国データバンク

 (株)福家書店管財〈TDB企業コード:987842162、旧商号:(株)福家書店、資本金7000万円、東京都港区麻布十番1-3-8、代表清算人大野衞治氏〉は、11月22日に東京地裁より特別清算開始命令を受けた。

 当社は1999年(平成11年)4月に設立。大手芸能事務所グループの代表が社長に就任し、『福家書店』の店舗名で一般書籍、雑誌、コミック、タレント写真集などの書籍小売りを手がけ、新宿、銀座、横浜、福岡など全国に店舗網を広げ、ピーク時には約20店舗を展開。特にアイドル写真集発売の際のサイン会や握手会をはじめとする各種イベント開催による知名度は高く、2009年2月期には年売上高約46億3500万円をあげていた。

 しかし、経営面では地方店舗を中心に赤字経営が続き、不採算店舗の閉鎖を進めたことなどから店舗数は約11店舗となり、2016年2月期の年売上高は約28億円にダウン、債務超過状態となっていた。そうしたなか、2017年11月1日に(株)福家書店から現商号に変更するとともに会社分割で新会社(株)福家書店を設立し、同社に事業・従業員を承継。今年8月31日株主総会の決議により解散していた。
負債は現在調査中。

 なお、事業を承継した(株)福家書店は『福家書店』の経営を継続している。

最終更新:2018/12/4(火) 9:44
帝国データバンク

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事