ここから本文です

将棋の全国アマ王将戦 横浜市泉区の森村さんが連覇

12/4(火) 12:08配信

カナロコ by 神奈川新聞

 将棋の第35期全国アマチュア王将位大会が1、2日、東京都内で開かれ、横浜市泉区の森村賢平さん(29)が決勝で山口直哉さん(東京都)を破り、連覇を達成した。

 全国の各地方代表に昨年優勝者、アマ名人などのタイトル保持者を加えた27人が出場。予選を通過した14人が決勝トーナメントを戦った。

 森村さんは、3年ほど前に日本将棋連盟のプロ棋士養成機関「奨励会」を退会、アマ棋界に復帰した。今年は関東アマ名人戦で3位の成績も残している。

 本大会は準決勝で、小山怜央さん(25、横浜市南区)との神奈川対決を制して勢いに乗った。

あなたにおすすめの記事