ここから本文です

辺野古どこをどう埋めるのか? 初の土砂投入はトラック22万台分

12/4(火) 5:00配信

沖縄タイムス

 沖縄防衛局が、14日にも初めての埋め立て土砂を投入しようとするのは、辺野古側の「N3」「N5」「K4」の3護岸で囲われた海域だ。

【写真特集】空から見た辺野古 刻々と変わる美ら海

 約6・3ヘクタールで、埋め立て区域全体160ヘクタールの約4%。必要な土砂の量は131万6500立方メートルで、10トンダンプの22万台分に相当する。埋め立て全体で必要となる2100万立方メートルの約6%となる。

 防衛局は8月17日をめどに土砂投入を計画していたが、翁長雄志前知事の死去や、県の埋め立て承認撤回で先延ばしになった。

 防衛局は、船で土砂をシュワブ内に陸揚げし、ダンプトラックやブルドーザーで海に投入すると予定。船で土砂を搬入できるのはK9護岸のみで、安和の桟橋から運び出した土砂をK9護岸からシュワブ内に運び入れるとみられる。

 県はK9護岸による土砂の搬入は埋め立て承認時の留意事項に違反すると指摘している。

最終更新:12/14(金) 9:55
沖縄タイムス

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ